プリンスエドワード島の語学学校 スタディアブロードカナダ

Homestay  &  Activities

<HOME STAY> カナダの家族ができる! ホームステイだからできる異文化体験。


ホストファミリー ホストファミリーの家

写真左
シャーロットタウン空港でホストファミリーが迎えてくれます。どんなホストファミリーなのかわくわくする瞬間でもあります。毎日の学校までの送迎や、帰国の際も空港まで送ってくれます。

写真右
ホストファミリーの自宅例です。平均的な中流家庭が多く語学学校までは車で20分圏内の中からホストファミリーは選ばれます。慣れてくると夏などは自転車を借りて通学することも可能です。

空港でのお出迎え ホストファミリーとのふれあい ホームステイでの食事

<ACTIVITY> 楽しい活動も忘れられない思い出に!


これらのアクティビティは「JUNIOR VACATION」と「STUDY TOUR」で体験できます。季節により変わります。

ハイキング リンゴ狩り ハロウィンパーティ
花飾りメーキング 赤毛のアン博物館 ビーチピクニック
カヌー遊び 赤毛のアンのミュージカル キャベンディッシュ観光

カナダにできる第ニの家族

ホストファミリーはもちろん英語を話す家族から選ばれます。生徒を受け入れる前にスタディアブロードカナダのコーディネーターが直接訪問し、審査をして認可を受けます。 ほとんどのホストファミリーは学校から車で10分~20分位の距離です。空港や語学学校への送り迎えはホストファミリーが行います。 帰宅後や週末などは様々なアクティビティを家族といっしょに行うこともできます。カナダで第二の家族ができるなんて素敵ですね。
家族にはそれぞれルールがありますのでそのルールを守って楽しいホームステイを行いましょう。 とにかく積極的に話すことです。それが上達の近道です。

滞在中の楽しい活動

夏季期間のみ開催される「JUNIOR VACATION」や「STUDY TOUR」の場合は 毎日午後からアクティビティへ ご案内します。乗馬、サイクリング、その他お菓子 やアイスクリーム作り、また「赤毛のアン」のミュージカルも見逃せません。
(2015年は6月11日~8月29日まで開催)

「集中英語プログラム」の場合は 毎週金曜日の午後は活動の時間となります。全クラス合同の楽しい時間です。友達をたくさん作りましょう! 季節や天候により内容が変わります。

アフタースクールも充実

「集中英語プログラム」の場合、授業は15:30PMで終了します。 その後はホストファミリーの迎えが来るまでフリータイムとなります。
校内のコンピュータラボで、 インターネットやメールなどを楽し むこともできます。授業終了後も学校自体は17時まではオープンしています。
また学校の周辺には多くのカフェや ショップがあるので、街歩きなどには便利です。ご希望の場合、ジムで体力作りなどもできます。学校のすぐ近くにある「アトランティック」というトレーニングジムと提携しているので入場無料です。

予習・復習はしっかりと!

生徒にはベッドとクローゼット、勉強机またはテーブル付きの個室が用意されますので自宅にいるような感覚でプライバシーもあります。
毎日の授業は内容が多くてついていくのがたいへんですので予習、復習はしっかりと行いましょう。勉強すればするほど力がつくものです。
そして積極的に友達を作りましょう。世界のあちこちに友達ができるなんて素敵ですよ。そして何よりも英語力が上達する秘訣なのです。

ホームステイの個室

ホームステイの個室イメージです。

卒業生 Kaoriさんからのメッセージ

  授業は、受身ではなく、みんなで参加する授業でした。人数も少なく、先生のケアが 行き届いているので、わからないままで終わることはありませんでした。先生の英語はとても聞きやすく、また、クラスメートがお互いに助け合うという雰囲気ができているので、安心して授業を受けることができました。先生は、いつも笑顔で接してくださり、与えられた課題に私たちがストレスを感じていたとき、励ましてくださり、「できるんだ」という自信を与えてくださいました。
  アクティビティは、一人だったのでちょっと寂しかったです。でも1日だけ、Green Gablesに行ったときは、クラスメートと一緒でしたので、みんなで写真を撮ったり、散歩をしたりと楽しい時間でした。Museumなどで説明を聞くのも、早すぎて理解できない部分も多いですが、リスニングの訓練になったと思います。私が行った時期は紅葉の美しい時期で、毎日、葉の色が変化していました。一年のうちでも一番美しい時期ではなかったかと思います。最終日に、アイスクリームとクッキーを作ったのですが、クラスメートと協力しあいながらの作業は子供にかえった気分で大変楽しかったです。
  クラスメートはアジアの方が多かったです。年齢もさまざまですが、みんな、将来の夢のために勉強をしています。休み時間は、お互いの夢や自国の食べ物や習慣のこと、ホームステイ先でのことなどを話し合い、英語で通じ合えることの楽しさを実感しました。お昼などは、お弁当を少しずつ交換したり、みんながとても親切にしてくださって、忘れられない1週間となりました。
  ホストマザーはとても明るくて、楽しくて、本当に素敵な方でした。お料理上手で、毎日工夫してくださっていました。なので、毎日どんな料理を作ってくださるのか、楽しみでした。犬が1匹いたのですが、人なつっこくて、いつも私のあとを追いかけてくるようなかわいい犬でした。最初、犬がいることにためらいがあったのですが、今思えば、彼がいてくれたことでどんなに癒されたかわかりません。帰国の準備をしていると、部屋に入ってきて、ずっとそばにいました。もしかしたら、私が帰国することがわかっていたのではないかと思います。もしかしたら、彼と離れるのが一番寂しかったかもしれません。
  食事中は家族の会話は早すぎて理解できなかったのですが、ホストマザーが私にわかるように説明してくださり、ひとりぼっちだな、と思うことはありませんでした。むしろ、早く会話に入れるくらいになりたいと思いました。そういった点でも、ホームステイをすることは、大変有意義だと思います。

<SCHOOL LIFE> 積極的に友達を作って、学生生活をエンジョイしよう!


クラスメート 日本人の生徒

写真左
英語学校スタディアブロードカナダのクラスメートたちです。積極的に話しかけて友たちを作りましょう。
日本人の参加者もいます。日本人の比率は時期にもよりますが10~20%位で、年齢も10代~60代まで様々な方が参加されています。年齢を気にすることなくみんな仲間たちという意識で留学生活を楽しみましょう。

写真とKaoriさんは関係ありません。

Copyright(C) 2010 all right reserved by CrossRoad